活性酸素とがん~食事のバランスを改善して病気にブレーキ~

ガンを予防しよう

肺は欠かせない存在

Happy lady

肺は生きていくためにとても必要な臓器です。吸い込んだ空気の酸素を体の中の二酸化炭素と一緒に吐き出す働きをしているのです。空気を口から取り入れると、気管支から肺胞に行き渡ります。特に肺胞の中には、二酸化炭素があります。その二酸化炭素と酸素を交換して口の外に出ていきます。肺胞はとても小さな袋の様になっており、肺の中にこの小さな袋が数えきれないほど集まっているのです。この肺胞という袋は、スポンジのように柔らかく出来ており、その周りを細かい毛のような血管が取り巻いているのです。また、肺胞の中には、無数の細胞があります。その細胞の一部ががん化してしまうと肺がガンに侵されます。この肺がんにかかると、息切れを起こしたり、体重が減少したりなどの症状を引き起こします。その症状が風邪と似ている事もあるため、風邪と勘違いすることもまれにあります。肺がんの症状は、特に特徴的な症状はないため、肺がんにかかっているとはっきりするまで進行している恐れがあります。肺がんが進行してしまったら、病院で抗癌剤や放射線治療などを受ける必要がでてきます。しかし、肺がんは、食事療法でもなおすことができるのです。また、ガンはその食事療法で予防することもでます。自分に合った治療法を見つけて、その治療をしましょう。

肺がんにかかる原因

肺がんにかかる原因は、タバコだとよく言われますが、実際はタバコだけが原因とも言えないのです。食生活が関係している場合もあります。肺がんは食べ物の添加物と関係している可能性があるのです。食品に含まれている添加物の中には、肺胞の中のガン細胞をより増殖させるものが存在します。それが、無機リン酸塩というものです。このリン酸塩をたくさん摂取すると、肺がんを発症させます。この添加物が含まれている食べ物はケーキや肉などです。肺がんを引き起こさせないためにも、その食べ物は避けなくてはなりません。しかし、それは簡単にできる事ではありません。特に肉が好きという方にとっては辛いことなのです。お肉は焼いて食べると美味しいものなので、一度だけ食べないと我慢はしても長く続けることが出来ません。そのため一度肺がんの治療を受けて完治しても、またお肉をたくさん食べれば再発しないとは言い切れないのです。肺がんには、治療だけではなく食事療法やサプリメントなどの健康食品を取り入れてみるのもいいでしょう。そうすることで、肺がんの予防改善に繋げられるようになります。